住宅ローンを年収500万で組める金額と住宅ローン控除「2021年」版

みなさんこんにちは☀

しらたまです🐹

 

今回は題名のとおり、

・住宅ローン

・住宅ローン控除

についてです!

 

住宅ローン

 

大体の人はローンを組んで家を購入すると思います。

我が家もローンを組んで家を購入しました💰

 

その額なんと、、、

4200万円

です😨

 

毎月の返済額は、

約11万円

です😨

高いですね🤦🏻‍♀️笑

 

ここで注意してほしいのは、

私たち夫婦と同じ年収だからといって

同じ金額ローンを組めるわけではありません!

 

さらに言うなら、

世間一般誰でも同じ金額をローンできるわけではない

ということです。

詳しく見ていきましょう!😎

ローンの限度額

ローンを組むときは、たいてい限度額が存在します。

よくいわれるのは、

年収のおよそ6倍まで

といわれています🙄

 

そしてこれも、2パターンあって

・夫もしくは妻どちらかの一方年収だけ

・夫婦合算した世帯年収

です。

 

つまり、共働き夫婦なら

より多くのローンが組めるということになりますね💡

 

また、職業によっても左右されることがあり、

ある一定の職業についている場合は

・年収の〇倍まで

となることもあります😶

 

ちなみにしらたま家は、

旦那だけの年収でローンを組みました💸

 

他のローンもしくは借金があるか

これもすごく重要です!

例をあげると

・マイカーローン

・カードローン(アコムなど)

ですかね🤔

 

こういったものがあると、

ローンの限度額に響いたりします⚡

 

さらに、こういったローンなどの支払いが遅れていたりするともっと厳しくなってしまいます…

 

住宅ローン控除

 

難しい言葉ですね。

 

簡単に言いましょう!!

ローンの残額に応じて年に1回お金が返ってくる

ということです!!

 

そして、以前は控除が通常10年だったのに対し、

現在はなんと13年。

そう。3年間も多くお金が返ってくるんです!

 

3年ってとても大きいですよね😳!!

 

しかしこれには条件があって、

  • 2021年9月までに契約
  • 2022年12月31日までに入居

という条件でした✍🏻

 

ハウスメーカーからは、

「今からでも全然間に合いますよ!」

と言われました🙃

 

4月にマイホームの計画が始動して

住宅ローン控除のことを知り、とても重要だと認識しました!!!

 

そして、年内に契約して、マイホームを建てようと決意しました👀🧡

 

しかし、来年以降は

住宅ローン控除の制度が見直される

と言われています…

 

もしかしたら、

あまりよくない方向に行くかもしれない

と噂されるほどです😵

 

ローンを組んでマイホームを考えている人は

今後の動きを注目したほうがいいかもしれないですね!!👍🏻

 

まとめ

 

それでは今回のまとめです!

  1. ローンには、人それぞれ限度額がある
  2. 限度額は年収の約6倍といわれてる
  3. 他のローン(借金)をしてると限度額に影響を及ぼす恐れがある
  4. 住宅ローン控除は年に1回お金が返ってくる制度
  5. 今後家を買う人は住宅ローン控除の動きに注目

です!!

 

次回予告

次回は、

住宅展示場の見学ポイント

です!

ついに家づくりのお話がスタートします🏠💛