住宅展示場の見学ポイント

みなさんどうも🌻

しらたまです!

今回は

住宅展示場の見学ポイント

についてお話していきます👀🌱

展示場とは

まず初めに、展示場についてです。

展示場とは、

ハウスメーカー各社の特徴を知り、

営業さんと出会う場所

です🐾

展示場には、様々なハウスメーカーが家を建てて集結しています🏠

また、A市の展示場とB市の展示場で、存在するハウスメーカーも異なったりします🙃

気になる家入ってみるとほとんどの場合、営業さんが1人ついて、

その家の特徴など、説明を聞きながら見学することになります!!

 

展示場では、どこの家に入っても問題ないです👌

気になる家は、どんどん入ってみましょう🧐✨

 

しかし!!注意が必要です。

1つの家を見学するのに、説明などを受けるので1 時間は掛かります。それを考えて、見学する家を決めたほうがいいと思います!疲れちゃうので🤫

重要

そして、これすごい重要事項です!!!

だいたいの場合は、ここで出会った営業さんと最後まで打ち合わせを進めていくことになります🤓

ここで良い営業さんに出会うことがすごく重要です👊

ある意味運命の別れ道です!!笑

展示場で見るべきポイント

それではメインの記事にいきましょう!

皆さんが1番気になるところじゃないでしょうか?

まず、結論から言いましょう💡

  • ハウスメーカー各社の「セールスポイント」を知る(以降、売りと記載)
  • 工法を知る

この2つを抑えれば、とりあえず問題無いと思います!

そして余裕ができたら、

  • アフターサービス

も聞けたら、さらにgood👍じゃないでしょうか!

では、詳しく行きます🔍

ハウスメーカー各社の「売り」を知る

これは、展示場の醍醐味といっても良いんじゃないでしょうか😎

各ハウスメーカーは、他社と差別化を図るため、何かしらの「売り」を持っています🌳

例えば、

  • A社  床暖房に強い
  • B社  全館空調が強い
  • C社  災害に強い
  • D社  他社より断然価格が安い

などです👀

もし、営業さんの説明を聞いてて、「売り」がよくわからなかったら

この会社は何が「売り」ですか?

と、素直に聞いちゃいましょう😆

その各社の「売り」が、自分達にとって魅力的かどうかを検討していけたら良いと思います🙆‍♀️

工法を知る

これも知った方がいい項目です!

ハウスメーカー各社で、出来ること出来ないことが存在します🧐

その原因の大元は、工法なんです。

工法とは、家の骨組みなど家の作り方のことを言います💡

工法によって、出来ること出来ないことが発生します!

我が家のハウスメーカーは、積水ハウスです。

今後のブログで詳細は記載していくつもりですが、積水ハウスには、

クリアビュー

というものが存在します😲

積水ハウスの展示場に行けば、分かると思いますが、

壁一面天井まである大きい窓のことです💡

これは、積水ハウスや住友林業などの大手しかできません😳

なぜかというと。

そう。

工法なんです!

大手ならではの工法があるからこそ出来るんです!

あとは、

リビングに柱が必要ない

のも、大手の工法だからこそ出来ることなんです❣️

柱がなくなればとても開放的なリビングになります

このように各社の工法を知れば、

出来ること出来ないことが分かってくると思いますので、工法についてもしっかり聞きましょう👂!!

 

工法を聞いてもわからないよ!!って人は

Instagramなど様々な写真をみて、理想のリビングや家を探しましょう🔍💕

そこで参考になる画像を探して、

「このくらいの大きい窓って付けられますか?」

とか

「こんな感じで開放的なリビングにしたいんですけど、

必要な柱ってリビングに出てきちゃいますか?」

など、ストレートに聞いちゃっても大丈夫です🙆‍♀️

気になることはすぐ解決しましょう🤍

 

後になって、

大きい窓つけたいのに、

このハウスメーカーだと工法的に付けられない😰

なんてことになら無いように、

展示場の家やInstagram等、いろいろな物を参考にして

これ付けたい!

あれがしたい!

あの柱いらない!

吹き抜けにしたい!

など、やりたいことをたくさん決めて、

それができるのか、早めに確認しましょう👍

アフターサービスを知る

これも聞けるなら聞きましょう😶

家が完成してしばらくすれば、

何か不具合が発生してきます⚡️

そんな時の保証や、いつまで有効か、などの聞ければ安心ですよね❣️

どこの会社🏠も、アフターサービス10年は絶対に付けなきゃいけないみたいです!

これは決まりらしいです💡

ですので、

10年目以降の保証がキーポイントですね🙌

ちなみに、

ローコストメーカーほど保証は薄く、

大手ハウスメーカーほど保証は手厚い

です😲

何が手厚いか簡単に言うと、

  • 保証期間が長い
  • 保証される幅が広い

です!

大手は、更新料を払わなくても30年保証だったりしますが、

ローコストだと10年ごとに更新料を払わないと、保証が切れたりします🧐

また、幅が広いというのは、大手ほど様々な壊れに対応しているということです!

ですので、

アフターサービスについて聞けると安心感が増しますね

まとめ

それでは今回のまとめです☝️

  • 展示場で良い営業さんと出会う事が運命の別れ道
  • ハウスメーカー各社の売りを知る
  • 工法によって出来ること出来ないことが存在する・余裕があれば10年目以降のアフターサービスを聞く

次回は

住宅展示場に行ってみた!ヘーベルハウス編

です!